新築マンションにおける専有部分と共有部分や管理規約

分譲されている新築マンションは法律によって新築マンションの部屋を所有する事によって取得する事が出来るスペース(専有部分)と新築マンションの所有者全員が共有するスペース(共用部分)が定められています。
専有部分は新築マンション内における区切られている室内及び室内に設置されている設備(キッチンや給湯システムなど)と壁紙や天井及び床部分の内装及び電話と電気の配線などが含まれています。
売買契約書や管理規約によって異なるものの給排水管の一部が専有部分に含まれている場合が一般的です。


又、共用部分に関しては新築マンション内における専有部分以外となります。
具体的には建築物の窓硝子や窓枠や網戸あるいは玄関や廊下及びエレベータや屋上などです。

共用部分のメンテナンスに関しては管理契約によって定められている場合が一般的です。

ちなみに駐車場やバルコニーあるいは専用庭(テラス)は共用部分ですが所有者が専有する権利を持っている傾向です。
又、新築マンションでは法律によって管理組合の結成が行われています。


新築マンションの所有者は必然的に組合員となります。


最低限年一度の総会を開く事によって管理組合役員の選出や修繕積立金及び修繕計画の管理、管理規約の変更可否などを管理組合の運営によって処理します。

管理組合は物件の管理及び運営の為に重要な組織である為、積極的に協力する事が望ましいです。

ちなみに管理契約は新築マンションの管理組合が自由に作成する事が出来ます。管理契約においては入居における禁止事項や専有部分を修繕する際の制約(条件)、建築物にトラブルが発生した場合の費用負担や保険の加入、ペットの飼育に関する項目や楽器の使用制限等が記載されている為に予めしっかりと目を通しておく事が必要です。新築マンションには基本的に多数の居住者が入居する為、管理組合が管理契約に基づいて入居者全体に関するルールやモラルを統一する事によって無用なトラブルを避ける事に繋がります。

http://www.zaitakukango.com/
http://www.mitsuifudosan.co.jp/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3